【10月12日】英国雇用統計!!円売りの背景は?!

みなさん、おはようございます!
この記事では、為替やゴールドの分析をファンダメンタルズテクニカルの両方の観点から考察をした記事になります。
みなさんの日々のトレードの手掛かりに少しでもなれば嬉しいです!

今週の分析記事をまだ見てない人はまずは週間分析記事から見ていただければと思います!

毎日頑張って書いてますのでこちらポチッとお願い致します🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

昨日のポイント

  • 原油価格が一時82ドル
  • ドル円が113.40円まで上昇
昨日も原油価格の上昇は止まらず、一時82ドルまで上昇しました。
中国やインド、欧州では電力不足が問題となり火力発電のための燃料として天然ガスや石炭、原油の需要が高まっています。
また、コロナ後の経済回復に伴い、貿易も盛んとなり輸送用燃料としての需要増加も燃料資源価格の上昇に繋がっています。
世界的に燃料資源の需要が高まって天然ガスや石炭、原油価格の上昇に繋がっています。

ポンドマン
最近は原油や石炭の話題ばかりだけど、それだけ重要なんだよね!
原油価格の上昇は物価の上昇に繋がり、物価上昇は消費意欲の低下に繋がり景気後退に繋がってしまいます。
消費意欲が低下しても、燃料資源価格の上昇が止まらない場合は、スタグフレーションに繋がります。
スタグフレーションとは?!
景気後退していく局面でインフレが進む現象。
通常は景気が良くなっていくにつれて消費活動が盛んになり、物価が上昇していく。
スタグフレーションになると景気が後退して消費活動が控えられるのに、物価は上昇していくので、さらに消費活動が抑制され景気後退が進んでしまう。
※物価上昇を意味するインフレーションと景気停滞を意味するスタグネーションを組み合わせた造語

ポンドマン
原油価格の上昇は日本売りに繋がる可能性があるんだ!?
また、昨日はドル円が上昇し113.40円まで上値を伸ばしました。
要因は雇用統計が明けて米金利が上昇し日米金利差が拡大したこと、リスクオフが後退しリスクオンの円売りが進んだことなどが挙げられますが、原油価格の上昇による円売りが進んだ可能性も考えれらます。
燃料資源のほとんどを輸入に頼っている日本は、燃料資源価格の上昇により企業のコスト増に繋がり株価下落や、輸入額の増加により貿易赤字となり円安になるなど、株安・債券安・通貨安のトリプル安、日本売りに繋がるのではないかと噂されています。

本日の注目経済指標

本日の指標

10月12日(火曜日)
15:00 GBP 英雇用統計・失業率・平均所得
18:00 EUR ドイツZEW景況感指数
18:00 EUR ユーロ圏ZEW景況感指数
18:00 EUR マクルーフ・アイルランド中銀総裁発言
20:30 EUR クノット・オランダ中銀総裁発言
20:45 EUR ビルロワ・フランス中銀総裁発言
21:30 EUR レーンECB専務理事兼主席エコノミスト
22:00 EUR エルダーソンECB専務理事発言
22:00 EUR ラガルドECB総裁発言

10月13日(水曜日)
00:15 USD クラリダFRB副議長発言
01:30 USD ボスティック・アトランタ連銀総裁
02:00 USD 米10年債入札
08:30 AUD 豪Westpac消費者信頼感指数

本日の相場見通し

まずは、長期、中期、短期の方向性を再確認していきます。

項目 長期(1カ月〜3ヶ月) 中期(1週間〜1ヶ月) 短期(~1週間)
相場全体 リスクオン リスクオフ リスクオン
ドル円 上昇 レンジ 上昇
ユーロドル 下落 下落 レンジ
ポンド円 上昇 上昇 上昇
ゴールド レンジ 下落 下落
ダウ 上昇トレンド レンジ 上値重い

それでは、本日のポイントについてみていきましょう!

本日のファンダメンタルズ注目点

本日のファンダメンタルズの注目ポイントを総まとめしてきます!

(1)米金利

ポイント!

米金利はどこまで上昇するのか?
米金利を動かす要因は?

  • 要人発言に注目!
  • 国債入札に注目!
  • 燃料資源価格の上昇に注目!

詳しい解説はこちら!

(2)日本売り

ポイント!

日本売りとは?
円安は継続するのか?

  • 原油価格の上昇に注目!
  • 日本金利に注目!
  • 株価に注目!

 

(3)英雇用統計

ポイント!

人手不足はどこまで進んでいるのか?
英金利は上昇する?

  • 新規雇用・平均所得に注目!
  • 雇用発表後の英金利に注目!

 

それではここからは、上記の注目ポイントを詳しく解説していきます!

1)米金利

ポイント!

米金利はどこまで上昇するのか?
米金利を動かす要因は?

  • 要人発言に注目!
  • 国債入札に注目!
  • 燃料資源価格の上昇に注目!

米金利が上昇すると米ドルが買われ、ユーロや円が売られやすくなります。
主要通貨の中では米ドルの動きで、他の通貨に影響を及ぼすほど米ドルがマーケットの中心となっています。
米ドルの動きに大きく影響する米金利には注意しておきましょう!

ポンドマン
米金利が動く要因ってなんだろう!?
✔️米金利が動く要因
  • 要人発言 → 金融政策のヒントが出てくると金利が動く
  • 国債の入札 → 国債の入札結果で価格が決まるため金利が動く
  • 燃料資源価格 → 燃料資源価格はコストに繋がり、物価に影響するので金利が動く

 

ポンドマン
金利が動く要因それぞれのポイントは!?
要因 ポイント
要人発言
来年の利上げに関する発言は金利上昇に繋がる
物価上昇に関する発言は、物価の上昇を抑える為に利上げするのではないかとの期待から金利上昇に繋がる
国債の入札 国債の入札結果が好調なら金利低下、入札結果が低調なら金利上昇に繋がる
燃料資源価格 燃料資源価格の上昇、もしくは価格の上昇に繋がるようなニュースが出てくると金利が上昇

ポンドマン
3つの要因の中では特に燃料資源価格の上昇が一番注目されているかも!
現在のマーケットの話題の中心はコモディティ価格です。
なかでも燃料資源価格の上昇は話題となっており、米金利だけでなく世界の金利に影響を与えています。
原油や石炭、天然ガスの供給に関するヘッドラインが出てきた場合は、金利が動き通貨が動く可能性があるので注意しておきましょう!

2)日本売り

ポイント!

日本売りとは?
円安は継続するのか?

  • 原油価格の上昇に注目!
  • 日本金利に注目!
  • 株価に注目!

昨日ドル円は113円を突破し113.40円まで上昇、米金利が上昇し日米金利差が拡大からドル円上昇という解説が多いようです。
日米金利差の拡大がドル円上昇の要因であることは間違いないと思いますが、要因はそれだけではなく「日本売り」から円安が進んだのではないかと注目しています。

ポンドマン
日本売りって何?
日本売りとは株安・債券安・通貨安の「トリプル安」のことで、日経平均は売られ、日本の10年債利回りは上昇、円安が進んでいく状況のことです。
日本売りとは、景気が後退して国債の信用も下がり、資金が流出して円が売られていくことなので、日本としては残念なことです💦
そして、日本売りが止まらない場合は、破綻することも考えられます。
日本売りが進むときには株価が下落し、金利が上昇、通貨安となっていくので、日経平均と日10年債利回りと円を気にしておきましょう。

ポンドマン
日本売りの要因は?
日本売りの要因は燃料資源価格の上昇です💦日本は燃料資源をほとんど海外からの輸入に頼っています。
原油価格や石炭価格、天然ガス価格の高騰で、燃料資源のほとんどを輸入に頼っている日本は貿易赤字になるのではないか?
コスト増に繋がり景気後退、スタグフレーションになるのではないか?
このような懸念が日本売りに繋がっています。
本日も燃料資源価格が上昇し、株価が下落しているにもかかわらず円安が進んでいるようであれば、日本売りが継続するかもしれないので注意が必要です!

3)英雇用統計

ポイント!

人手不足はどこまで進んでいるのか?
英金利は上昇する?

  • 新規雇用・平均所得に注目!
  • 雇用発表後の英金利に注目!

✔️15:00 英雇用者数・失業率・平均所得


予想

指標 予想
英雇用者数 24.3万人
失業率 4.5%
平均所得 前年比7.0%

ポイント:米雇用統計と同じく、人手不足を確認する雇用統計

ポンドマン
英国では人手不足が問題となっています!
雇用統計のポイント
✔️働きたい人が少ないことで雇用者数は伸びない。
✔️働きたい人がいないから失業率は改善。
✔️働きたい人がいないから企業は人材確保のため人件費高騰(平均所得増)

今回の雇用統計はこのような結果になるのではないかと予想しています。
※米雇用統計はこのような結果になりました

仮にこのような結果になったとした場合、英国も米国同様に金利が上昇するのではないかと予想しています。
※米雇用統計の時は米金利が上昇しています

英金利が上昇すれば、ポンドが買われる結果に繋がる。
雇用者数が悪いのにポンドが買われる展開もあるのではないかと注目しています♪

本日の通貨毎の分析

本日も各通貨ペア毎に見ていきます!

ドル円

買い目線2日〜1週間程度の目線

ポンドマン
原油価格と日本売りに注目だね!

想像以上のペースでドル円上昇中。
このような時は押し目を待っても作らないことが多いので、流れについていくだけ。
ただ、調整下落のリスクは考えて、小ロットをこまめに積み上げていくようにしてリスク管理したいと思います。

原油価格が下げてきたときは、ドル円下落の可能性があるので注意しておきましょう。

ユーロドル

売り目線2日〜1週間程度の目線

ポンドマン
レンジが続く可能性があるので戻り売りをしっかりと勧めたい!

中長期でユーロドルは売り目線です!
ただレンジの動きを続ける可能性が高いので戻り売りで進めたいと思います。

気をつけたいポイントは米金利で、米金利が上昇するようであればユーロドルが大きく下落するのではないかと注目してます。

ポンド円

買い目線。(2日〜1週間程度の目線)

雇用統計の結果次第。
雇用の結果が悪くポンドが下落した場合、失業率や平均所得が予想よりもよかったときは、英金利が上昇してポンドが買われる可能性があるのでチャンスかもしれないと見ています。
雇用後の英金利に注目!

また、円安がポンド円上昇のけん引役となっているので、日本売りにも併せて注目していおきたいと思います。

ゴールド

ゴールド売り目線(2日〜1週間程度の目線)

ポンドマン
米金利に注目!
米金利が動きそうなポイントがあり、特に10年債入札は動きそうな気がします。
米金利が上昇するとゴールドは売られやすくなってくるので、金利動向を確認しながら、戻り売りを進めていきたいと思います。

また、現在は燃料資源価格がマーケットの中心で、燃料資源価格の上昇は米金利上昇に繋がり、ゴールドの上値を抑えます。
燃料価格の上昇には注視しておきましょう。

お願いします!

最後に1つお願いしたい事があります・・・。

毎日相場の分析記事を書いています!1記事書くのに大体2〜4時間かかります。。
結構頑張って書いている記事で内容には絶大なる自信があります。

なので、見た方は【いいね】と【リツイート】をしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです!
今のところ反応がよかったら毎日続けて行こうかなと思っています!
どうかよろしくお願い致します🙇‍♀️

免責事項

・投資・投機はいかなる場合においても「自己責任」です。投資判断の最終的な決定は皆さま自身の「自己責任」の元行うものとし、投資資産のいかなる損失等が発生しても当サイト並びに運営者は責任を負うことはできません。

おすすめの記事