【9月7日相場分析】注目のRBA理事会!豪ドルの上昇トレンドは続くのかに大注目!!

みなさん、おはようございます!
この記事では、為替やゴールドの分析をファンダメンタルズテクニカルの両方の観点から考察をした記事になります。
みなさんの日々のトレードの手掛かりに少しでもなれば嬉しいです!

今週の分析記事をまだ見てない人はまずは週間分析記事から見ていただければと思います!

毎日頑張って書いてますのでこちらポチッとお願い致します🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

昨日のポイント

  • レイバーデーで米国・カナダが休場
  • 欧州時間に日経平均先物が3万円を突破し上昇
  • 注目の自民党総裁選は河野氏優勢!?
昨日はレイバーデーで米国やカナダが休場、マーケットは閑散相場で小動きで、目立った材料がなく方向感のない展開でした。
そんな中、元気だったのが日経平均。
菅首相が辞意を表明したことを起因に日経平均は上昇をはじめ、昨日の東京クローズ後、欧州時間に日経平均先物は3万円を突破。
本日東京市場で日経平均も3万円を突破しました。
あとはこの3万円を維持することができるのかがポイント!
注目の自民党総裁選は河野氏が1歩リードしている模様です・・!

本日の注目経済指標

本日の指標

9月7日(火曜日)
13:30 AUD RBA理事会・金融政策・声明文発表
14:10 GBP マンBOE外部理事発言
16:30 GBP ソーンダースBOE外部理事発言
18:00 EUR ドイツZEW景況感指数
18:00 EUR ユーロ圏ZEW景況感指数・4~6月期GDP(確定値)

9月8日(水曜日)
02:00 USD 米3年債入札
08:50 JPY 日4~6月期GDP(改定値)

本日の相場見通し

まずは、長期、中期、短期の方向性を再確認していきます。

項目 長期(1カ月〜3ヶ月) 中期(1週間〜1ヶ月) 短期(~1週間)
相場全体 リスクオン リスクオン リスクオン
ドル円 上昇 レンジ 上昇
ユーロドル 下落 レンジ 上昇
ポンド円 上昇 レンジ 上昇
ゴールド 上昇 上昇 上値重い
ダウ 上昇トレンド 上昇 上昇

それでは、本日のポイントについてみていきましょう!

本日のファンダメンタルズ注目点

本日のファンダメンタルズの注目ポイントを総まとめしてきます!

(1)RBA理事会

ポイント!

テーパリングは予定通り実行されるのか!?

RBAの今後のスタンスは!?

  • 9月スタートのQE減額を延期する可能性があり、延期されれば豪ドル売り
  • RBAのスタンスがタカ派維持ならば豪ドル買い

詳しい解説はこちら!

(2)ユーロ

ポイント!

ECB理事会で引き締め期待に注目!

  • 経済指標の結果で引き締め期待が高まればユーロ買い
  • 株価や感染者数などが好調なのかにも注目

 

(3)米金利

ポイント!

米予算は通過できるか?規模はどうなるか?

  • 米予算の状況で米金利に影響が出てくる
  • 米金利主導で米ドルやゴールドが動く展開が予想される7

詳しい解説はこちらから!

それではここからは、上記の注目ポイントを詳しく解説していきます!

1)RBA理事会

ポイント!

 

テーパリングは予定通り実行されるのか!?

RBAの今後のスタンスは!?

  • 9月スタートのQE減額を延期する可能性があり、延期されれば豪ドル売り
  • RBAのスタンスがタカ派維持ならば豪ドル買い

9月7日13:30 RBA理事会(オーストラリア

注目度 高い
織り込み度 QEの減額を織込み済み
バイアス 豪ドル買い

ポイント:QEの減額とRBAのスタンス

7月の理事会で9月より量的緩和(週50億豪ドル→40億豪ドル)の減額が発表されていて、この政策を現状維持できるかに注目しています!

足元ではコロナ感染拡大が広がっており、経済のつながりが深い中国では景気減速が懸念されていることから、減額は先送りされるのではないかとの思惑が残っています。
減額を織り込んでいるだけに、減額先送りが発表されると豪ドル売りに繋がると思っています!

また、現状維持が発表された場合は、RBAのスタンスがハト派なのか、タカ派なのか、声明文の内容に注目しましょう!

豪州は住宅価格の高騰が問題となっており、RBAとしては「コロナ対応は金融政策よりも財政政策で対応した方が良い」と考えているのではないかと噂されています。
豪州はZeroコロナからWithコロナに方針転換したことから経済活動再開の期待が出てきており、金融政策はタカ派を維持して、コロナ対応は財政支出になるのではないかと注目しています。

シナリオ1

政策維持+タカ
発表後から豪ドル上昇。
その後も豪ドル上昇が継続すると予想している。

シナリオ2

政策維持+ハト派
発表後はハト派な声明文で一旦売られる可能性があり。
ただ、長期的には豪ドル上昇すると予想し、押し目買いのポイントになるのではないかと考えている。

シナリオ3

QE減額延長
発表後から豪ドル売りが進み、声明文の内容次第では売りが進む可能性を予想。
一旦、豪ドル買い戦略は様子見に。

2)ユーロ

ポイント!

ECB理事会で引き締め期待に注目!

  • 経済指標の結果で引き締め期待が高まればユーロ買い
  • 株価や感染者数などが好調なのかにも注目

今週最大のヤマ場、ECB理事会に向けて引き締め期待が進み、ユーロ買いの可能性が高まっています!!

ECB理事会で緩和政策の1つであるコロナ対応のためのPEPP(パンデミック緊急購入プログラム)を減額するべきではないかと、引き締め期待が高まってきています!
今までハト派姿勢を強調し、緩和路線を貫いてきたので、ここで引き締めを発表すればユーロは大きく買われる可能性があリます!

ポンドマン
これを見越して、ユーロを買っておこうという動きが出ている模様ですね

本日ドイツとユーロ圏でZEW景況感指数が発表されます。
指標結果次第で引き締め期待が進みユーロが買われる可能性があります。
また、欧州の株価やコロナ感染状況などによってもユーロが買われる可能性があるので注目しましょう!

3)米金利

ポイント!

米予算は通過できるか?規模はどうなるか?

  • 米予算の状況で米金利に影響が出てくる
  • 米金利主導で米ドルやゴールドが動く展開が予想される

本日は米国が連休明け(レイバーデー)で米市場で大きく動く可能性をみています!
レイバーデーが明けたことで米国も本格的に夏休みが終了、米議会も再開されます。
米議会が注目され、議会の様子が米金利を通じてマーケットを主導してく展開を予想しています!

ポイント!
米議会では予算案について協議され、1兆ドルのインフラ投資法案は上院を通過しており下院通過できるかがポイントになってきます。
また、夏休み前に予算決議が可決した3.5兆ドルの大規模予算案については、減額を巡って駆け引きが続いています。

予算以外にも債務上限問題が残っており、このまま債務上限問題を抱えたままだと、早ければ今月末くらいから財源不足で政府機関の閉鎖の可能性が出てきます。
この債務上限問題も、予算協議の駆け引き材料として使われています。
予算問題や債務上限問題は財源に影響し、財源は赤字国債に頼るところが大きいことから米金利に影響が出てくると思われます。

本日は2時に米3年債の入札が予定されているので、入札結果で米金利が動く可能性があるので要注意です!

本日の通貨毎の分析

本日も各通貨ペア毎に見ていきます!

ドル円

買い目線2日〜1週間程度の目線

米金利に注目、米金利が上昇するようであればドル円上昇と見ている。

また、109円台前半は底堅いとみており、下げたところは押し目買いのポイントと見ている。

ユーロドル

買い目線2日〜1週間程度の目線

ECB理事会に向けて引締め期待が高まり、ユーロ買いが出てくると考えています。
ドイツやユーロ圏のZEW景況感指数が発表時に注意しながら、株価が堅調であればユーロ買いをしていきたいと思っています。

ただ、長期ではユーロ売りだと思っているので深追いには気をつけたい。

ポンド円

買い目線(2日〜1週間程度の目線)

ポンドは積極的に買っていく材料はないものの、コロナ感染者数の頭打ちやWithコロナで経済活動再開していることなどから、ポンドは底堅く推移しています!

ポンドマン
リスクオンで円安が進めば、ポンド円も上昇すると見ています!

ただ、懸念材料として昨日、フロスト英国務相が以下のような発言をしています。
英政府は、現在の基準で北アイルランド議定書を継続する
継続内容には、現在有効な猶予期間や地役権も含まれる
これはEUとの離脱協議違反にあたる可能性があるので、EUからの反撃が出てくる可能性があり、ポンド急落につながる可能性があります。
EUからの発言やヘッドラインには注意しておきたいと思います。

ゴールド

ゴールドは買い目線。(2日〜1週間程度の目線)

ゴールドの上値が重い展開が予想されます。
ただ、中長期ではゴールドを買い目線で見ていることから、押し目を拾っていきたいと考えています。

注目しているポイントは米金利とVIX指数です。
米金利の上昇やVIX指数の低下はゴールドの上値が重くなりやすいのですが、相関が崩れたところは買いのポイントではないかと考えています。

今Hotな通貨!!

豪ドルに注目!

先週から注目している豪ドルは上昇トレンドに転換したと思っています。
本日発表のRBA理事会でシナリオ3:QE減額の延期にならない限り、豪ドル買い戦略で考えています。

買い要因

・ZeroコロナからWithコロナに方針転換
・IMM通貨先物ポジションで売りポジションが溜まりすぎている
・中国指標が悪かったにもかかわらず豪ドルが強い

売り要因

・中国経済
・リスクオフ

売りポジションが溜まっている豪ドルが反転すると、大相場になる予感がしています。
長期目線で豪ドル上昇のトレンド転換を掴めるのではないかと考えています。

ポンドマンの本日のエントリー

記事投稿時点でのポンドマンの基本的なエントリーポイントです。

発生したファンダメンタルズや値動きの付け方によっては随時変更する可能性がありますが、変更や追加に関してはDiscordで随時共有して行こうと思います!

通貨 買いOr売り 価格 利確/損切り
ドル円 買い 検討中 検討中
ユーロドル 様子見 なし なし
ポンド円 買い 検討中 検討中
ゴールド 買い ロンドン市場後にチャートを確認してエントリー 1840〜1850/1817
お願いします!

最後に1つお願いしたい事があります・・・。

毎日相場の分析記事を書いています!1記事書くのに大体2〜4時間かかります。。
結構頑張って書いている記事で内容には絶大なる自信があります。

なので、見た方は【いいね】と【リツイート】をしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです!
今のところ反応がよかったら毎日続けて行こうかなと思っています!
どうかよろしくお願い致します🙇‍♀️

種銭ない方必見!ノーリスクで大きく稼ぐ戦略

FXBeyond口座開設ボーナス

現在FXBeyondでは新規で口座開設をするだけで2万円の証拠金を得ることができます!
この証拠金をうまく使うことでノーリスクで50万円くらいは稼ぐことが出来ると思っています。

口座開設ボーナスの詳細について見ていきましょう!

項目 内容
キャンペーン内容 新規口座開設で2万円クレジットボーナス
対象口座 スタンダード口座
出金条件 ①5Lot以上のトレード②5001円以上の入金
①または②の条件達成が必要
注意点

・追加口座に資金移動するとボーナスは消失
・出金申請をするとボーナスは消失

2万円の口座開設ボーナスはうまく利用すれば大きな利益をノーリスクで得ることができるので、FXBeyondを使ったことがない方は利用してみることをおすすめします!

またTweetの様に無料の2万円から資金を増やしていく戦略を考えたので、気になる方はDMください!

最大100万円までの100%入金ボーナス発生中!!

現在とある取引所で100万円までの100%入金ボーナスが発生しています。
また当サイト経由なら2回目以降も50万円まで、トータル150万円まで100%ボーナスがつくんです!
また、当サイトでは2万円をプレゼントするキャンペーンを実施しているので超超お得になっております。

ポンドマン
キャンペーンを利用すれば、3.5万円で11万円の証拠金が作れるよ!
タネ銭が小さい人、少額から大きく狙いたい人は100%入金ボーナスを絶対利用することをお勧めします。
免責事項

・投資・投機はいかなる場合においても「自己責任」です。投資判断の最終的な決定は皆さま自身の「自己責任」の元行うものとし、投資資産のいかなる損失等が発生しても当サイト並びに運営者は責任を負うことはできません。

おすすめの記事