【8月18日ポンドマンのトレード分析】FOMCの記事要旨は?!ポンドの方向感を掴む一日になりそうです。

みなさん、おはようございます!
この記事では、為替やゴールドの分析をファンダメンタルズテクニカルの両方の観点から考察をした記事になります。
みなさんの日々のトレードの手掛かりに少しでもなれば嬉しいです!

今週の分析記事をまだ見てない人はまずは週間分析記事から見ていただければと思います!

昨日は3つの要因が重なりリスクオフが進みました。
先週末から続いているアフガニスタン問題に加えて、中国当局が新たな規制草案を発表したことで世界景気に不透明が出て各国株価の上値を重くしました。
また、コロナ感染の抑え込みに成功していたニュージーランドで陽性者が確認され、3日間のロックダウンが発表されたことでNZドルが大きく売られました。

本日午前に発表されたRBNZ理事会では、予想を覆して政策金利0.25%で据え置きが発表され、NZドルは一時大きく売られました。
流石にロックダウンを前日に発表したことで、利上げは難しかったようです。
ただ、年内利上げの期待は残っており、NZドルの売りは一時的ですぐに戻しています。

本日の相場見通し

まずは、長期、中期、短期の方向性を再確認していきます。

項目 長期(1カ月〜3ヶ月) 中期(1週間〜1ヶ月) 短期(~1週間)
相場全体 リスクオン リスクオフ リスクオフ
ドル円 上昇 レンジ 上昇
ユーロドル 下落 レンジ 下落
ポンド円 上昇 レンジ 上昇
ゴールド 下落 レンジ 下落
ダウ 上昇トレンド 上昇 上昇

それでは、本日のポイントについてみていきましょう!

本日のファンダメンタルズ注目点

本日のファンダメンタルズの注目ポイントを総まとめしてきます!

(1)FOMC議事要旨

ポイント!

テーパリング議論は進んでいるのか!?

パウエルFRB議長の発言とFOMC内での議論に乖離がないか!?

  • テーパリング議論が進んでいれば金利上昇・米ドル買い
  • FOMC内での議論がタカ派であれば金利上昇・米ドル買い
  • FOMC内が慎重派・ハト派であった場合は金利低下・米ドル売り

詳しい解説はこちら!

(2)英国・カナダCPI(消費者物価指数)

ポイント!

物価上昇がどこまで進んでいるのか!?
CPI(消費者物価指数)の結果に対してポンド・カナダドルは素直に動くのか!?

  • 指標結果に素直に反応 → 様子見
  • 指標結果が悪いのにポンド・カナダドルが売られない → マーケットはポンド・カナダドルを買いたがっている
  • 指標結果が良いのにポンド・カナダドルが買われない → マーケットはポンド・カナダドルを売りたがっている

(3)リスク要因

ポイント!

リスクオフが進むのか!?

  • 材料視されているリスク要因
  • アフガニスタン問題
  • 中国当局による規制問題
  • コロナ感染者数拡大(ニュージーランドでの感染)

詳しい解説はこちら!

 

(4)豪州 雇用統計

ポイント!

失業率が5%よりも下回ることができるか、予想よりも良い数字が出てくるかがポイント

  • 失業率が良い結果が出てきたときに豪ドルが買われれば、豪ドル売りスタンスを様子見
  • 失業率が悪い結果が出てきたときに豪ドルが売られないときは、豪ドル売りスタンス様子見

※現在の豪ドルは売り目線

詳しい解説はこちら!

それではここからは、上記の注目ポイントを詳しく解説していきます!

1)FOMC議事要旨

ポイント!

テーパリング議論は進んでいるのか!?

パウエルFRB議長の発言とFOMC内での議論に乖離がないか!?

  • テーパリング議論が進んでいれば金利上昇・米ドル買い
  • FOMC内での議論がタカ派であれば金利上昇・米ドル買い
  • FOMC内が慎重派・ハト派であった場合は金利低下・米ドル売り

    パウエルFRB議長は発言内容でハト派を強調しています。
    対して、FOMCメンバーからは引き締めに前向きなタカ派発言が多く聞かれます。

    パウエルFRB議長の発言と、FOMC内での議論に乖離が出てきているのかに注目しています。
    FOMC内でタカ派が多いようであれば、今後引締めに動く可能性が高まり、金利上昇・米ドル買いに繋がると予想しています。

    ※FOMCはFRB議長・副議長・理事に加えて、12の地区連銀総裁(投票権を持っている連銀総裁)による多数決で金融政策が決定します。
    ※パウエルFRB議長がハト派でも、その他の理事や地区連銀総裁(投票権を持っている連銀総裁)がタカ派になり、タカ派が多数派となればタカ政策が決定する。

     

    2)英国・カナダCPI(消費者物価指数)

    ポイント!

    物価上昇がどこまで進んでいるのか!?
    CPI(消費者物価指数)の結果に対してポンド・カナダドルは素直に動くのか!?

    • 指標結果に素直に反応 → 様子見
    • 指標結果が悪いのにポンド・カナダドルが売られない → マーケットはポンド・カナダドルを買いたがっている
    • 指標結果が良いのにポンド・カナダドルが買われない → マーケットはポンド・カナダドルを売りたがっている
    英国CPI(消費者物価指数)
    予想:(前月比:0.3%)(前年比:2.3%)
    ※±0.2%以内の乖離は誤差の範囲内
    英国CPI2108
    • ±0.2%以上乖離が出て、ポンドが指標結果と同方向に動いた場合は様子見
    • +0.2%以上の結果に対してポンドが往って来い、もしくはポンドが下落した場合は、マーケットがポンドを売りたがっていると判断。
    • -0.2%以下の結果に対してポンドが往って来い、もしくはポンドが上昇した場合は、マーケットがポンドを買いたがっていると判断。
    経済指標の結果とポンドの値動きに乖離が出てきた場合は、マーケットの思惑が乖離方向に傾いているのでチャンス。
    カナダCPI(消費者物価指数)
    予想:(前月比:0.3%)(前年比:3.4%)
    ※±0.1%以内の乖離は誤差
    カナダCPI 2108
    カナダドルは最近の経済指標で良い結果が出てきても買われにくくなっている。
    なので良い結果が出てきたときは様子見。
    悪い結果が出てきたときがカナダドル売りのチャンスだと考えています。
    -0.3%以上の結果が出てきたときにカナダドル売りを検討しています。

    3)リスク要因

    夏休みシーズンで閑散相場、また取引材料が少ない状況ではリスク要因が重要になってきます。
    リスク要因は燻っている状況ではほとんど影響はありませんが、火がつくとイッキにリスクオフに傾き、薄商いの状況では急変動に繋がります。

    ポイント!

    リスクオフが進むのか!?

    • 材料視されているリスク要因
    • アフガニスタン問題
    • 中国当局による規制問題
    • コロナ感染者数拡大(ニュージーランドでの感染)
    月曜日はアフガニスタン問題でリスクオフが進み、昨日はアフガニスタン問題に加えて中国当局による規制でリスクオフが進みました。

    アフガニスタン問題は一旦様子見となり、中国当局による規制は草案を発表しただけなので、本日辺り落ち着き始めリスクオフは後退するのではないかと考えています。
    問題なく後退すれば、買われていた円やフランは売り戻されるのではないかと考えています。
    株価指数(特に中国・米国)や債券利回り、金価格に注目して、リスクオフが後退しているのかチェックしたいと思います。
    その他のリスク要因としては以下があります。
    リスク要因

    ・コロナ感染者数の増加による規制

    ・米中リスク

    ・米国債務上限

    ・エルドアン大統領による中銀総裁更迭によるリラ安リスク

    (4)豪州 雇用統計

    ポイント!

    失業率が5%よりも下回ることができるか、予想よりも良い数字が出てくるかがポイント

    • 失業率が良い結果が出てきたときに豪ドルが買われれば、豪ドル売りスタンスを様子見
    • 失業率が悪い結果が出てきたときに豪ドルが売られないときは、豪ドル売りスタンス様子見

    ※現在の豪ドルは売り目線

    豪州 雇用統計
    雇用者数 予想-4.6万人
    失業率 予想:5.0%
    豪州雇用統計2108
    豪州ではコロナ感染拡大により、ロックダウンが継続。
    経済活動にも影響が出ており、失業率も悪化しているのではないかと思われます。
    失業率5%は大きな節目と見られていることから、予想よりも良いか悪いかという注目に合わせ、5%を上回るか下回るかと併せて注目されているため、反応が大きくなる可能性があります。
    • 5%よりも悪い数字(5%よりも大きな数字)が出てきたとき
      豪ドルが売られると予想しています。
    • 5%よりも良い数字(5%よりも小さな数字)が出てきたとき
      豪ドルが買われる、もしくは上値が重たいと予想しています。
    現在の豪ドルは売り目線、上値が重たくなっているので、悪い数字が出てきた場合は売られるはずです。
    売られなかった場合は豪ドル売りは一旦終わりと見たほうが良いと考えています。
    また、良い数字の時に豪ドルが買われた場合も同様です。

    本日の注目経済指標

    本日の指標

    8月18日(水曜日)
    15:00 GBP 英CPI(消費者物価指数)
    21:30 CAD カナダCPI(消費者物価指数)
    23:30 USD 原油在庫量

    8月19日(木曜日)
    01:00 USD ブラード・セントルイス連銀総裁発言
    03:00 USD FOMC議事要旨(7月28日分)
    10:30 AUD 豪雇用統計・失業率

     

    本日の通貨毎の分析

    本日も各通貨ペア毎に見ていきます!

    ドル円

    基本は買い目線。2日〜1週間程度の目線

    予想ではそろそろリスクオフは後退するのではないかと考えています。
    リスクオフが後退すれば円は売り戻されると考えています。

    また、FOMC議事要旨でタカ派な内容が見えてくれば、米金利は上昇し、米ドルが買われるのではないかと思います。

    109円前半や109円割れたところは買いポイント。
    新たな要因が出てくるまでは、現在の要因だけで108円ミドルは割り込みにくい。

    210818ドル円チャート

    短期上昇チャネルを形成中です。1時間足のローソク足でも109円前半ではかなり強い髭をつけて反発している事から109はかなり硬いと思っています。

    落ちても中期下降チャネルと短期上昇チャネルが重なっている108.9付近だと思っています。

    ユーロドル

    基本は売り目線。2日〜1週間程度の目線

    FOMC議事要旨でタカ派な内容が出てくるかがポイント。
    タカ派な内容が出てきて、ドル買いが進むとユーロドルは下落。

    リスクオフが後退するときにユーロが買われる可能性があるので、円安やフラン安が進むときはユーロドルの上昇に注意。
    上昇したところは売っていきたい。

    210818ユーロドルチャート

     

    ポンド円

    ポンドは様子見。(2日〜1週間程度の目線)

    指標の結果で方向性を決めたい。

    指標結果に素直に反応 → 様子見
    指標結果が悪いのにポンドが売られない → マーケットはポンドを買いたがっている
    指標結果が良いのにポンドが買われない → マーケットはポンドを売りたがっている

    指標結果とポンドの動きが乖離したときに上記の方向性にスタンスを変更していきたい。

    210818ポンド円チャート

    流石に中期上昇チャネルでは反発したなと言いう印象だけど上とも下とも判断できないのでノーエントリーでいきます

    ゴールド

    ゴールドは売り目線。(2日〜1週間程度の目線)

    リスクオフが後退すると金は売られやすくなります。
    また、FOMC議事要旨でタカ派な内容が出てくると、米金利上昇とともに金が売られやすくなります。

    金利の動向が最近のゴールドの取引材料となっているので、上記の理由から金利が上昇し始めた場合はゴールド売りを考えています。

    ・金利上昇=ゴールド売り
    ・金利低下=ゴールド買い

    210818ゴールドチャート

    昨日は上昇チャネルで弾かれる場面もあったけど、また下限付近では買われています。

    この感じを見ていると、売りのストップを巻き込んだ上昇が見れないと反転しなさそうに見えますね
    チャネル割れではショートでついて行こうと思います!

     

    今Hotな通貨!!

    カナダドル円

    カナダドルは売り目線。(2日〜1週間程度の目線)

    原油価格は下落基調にありカナダドルの上値が重くなっています。
    また、引き締めに関しては織り込み済みで材料視されていないことから、指標結果が良くても買われにくくなっています。

    なので指標結果で良い結果が出てきたときは様子見。
    悪い結果が出てきたときがカナダドル売りのチャンスだと考えています。
    悪い指標結果が出てきたときにカナダドル売りを検討しています。

     

     

     

    ポンドマンの本日のエントリー

    記事投稿時点でのポンドマンの基本的なエントリーポイントです。

    発生したファンダメンタルズや値動きの付け方によっては随時変更する可能性がありますが、変更や追加に関してはDiscordで随時共有して行こうと思います!

    通貨 エントリーの有無 買いOr売り 価格 利確/損切り
    ドル円 あり 買い 108.8〜109 110/108.5
    ユーロドル あり 売り 1.177~1.179 1.168/1.182
    ポンド円 なし なし なし なし
    ゴールド あり 売り 1909 1778/1912
    お願いします!

    最後に1つお願いしたい事があります・・・。

    毎日相場の分析記事を書いています!1記事書くのに大体2〜4時間かかります。。
    結構頑張って書いている記事で内容には絶大なる自信があります。

    なので、見た方は【いいね】と【リツイート】をしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです!
    今のところ反応がよかったら毎日続けて行こうかなと思っています!
    どうかよろしくお願い致します🙇‍♀️

    種銭ない方必見!ノーリスクで大きく稼ぐ戦略

    FXBeyond口座開設ボーナス

    現在FXBeyondでは新規で口座開設をするだけで2万円の証拠金を得ることができます!
    この証拠金をうまく使うことでノーリスクで50万円くらいは稼ぐことが出来ると思っています。

    口座開設ボーナスの詳細について見ていきましょう!

    項目 内容
    キャンペーン内容 新規口座開設で2万円クレジットボーナス
    対象口座 スタンダード口座
    出金条件 ①5Lot以上のトレード②5001円以上の入金
    ①または②の条件達成が必要
    注意点

    ・追加口座に資金移動するとボーナスは消失
    ・出金申請をするとボーナスは消失

    2万円の口座開設ボーナスはうまく利用すれば大きな利益をノーリスクで得ることができるので、FXBeyondを使ったことがない方は利用してみることをおすすめします!

    またTweetの様に無料の2万円から資金を増やしていく戦略を考えたので、気になる方はDMください!

    最大100万円までの100%入金ボーナス発生中!!

    現在とある取引所で100万円までの100%入金ボーナスが発生しています。
    また当サイト経由なら2回目以降も50万円まで、トータル150万円まで100%ボーナスがつくんです!
    また、当サイトでは2万円をプレゼントするキャンペーンを実施しているので超超お得になっております。

    ポンドマン
    キャンペーンを利用すれば、3.5万円で11万円の証拠金が作れるよ!
    タネ銭が小さい人、少額から大きく狙いたい人は100%入金ボーナスを絶対利用することをお勧めします。
    免責事項

    ・投資・投機はいかなる場合においても「自己責任」です。投資判断の最終的な決定は皆さま自身の「自己責任」の元行うものとし、投資資産のいかなる損失等が発生しても当サイト並びに運営者は責任を負うことはできません。

    おすすめの記事