【8月31日相場分析】経済の見通しは?各国の消費者物価指数を確認しましょう!

みなさん、おはようございます!
この記事では、為替やゴールドの分析をファンダメンタルズテクニカルの両方の観点から考察をした記事になります。
みなさんの日々のトレードの手掛かりに少しでもなれば嬉しいです!

今週の分析記事をまだ見てない人はまずは週間分析記事から見ていただければと思います!

昨日のポイント

  • 米軍撤退完了、アフガン戦争終結
  • 欧州は米国からの渡航を制限
  • 英国市場が休場
  • SNB(スイス国立銀行)による介入!?
8月31日を期限としていた中央軍の撤退が今朝完了、20年間にわたって続いたアフガン戦争は終結です!
しかし!昨日イスラム国がミサイルを発射し、米軍が迎撃ミサイルで撃墜するということが発生。
米軍は撤退するときに米軍機(ヘリや戦車など)や兵器を放置してしてきており、タリバンが回収しているようで、今後過激化したときにどのように使われるのか気になります。

ポンドマン
武器放置したらそりゃそうなるわ!ww
昨日は英国市場が休場だった為、小動きで方向感のないマーケットでしたが、スイスフラン(CHF)だけは大きく売りが進みました。
一部ではSNB(スイス国立銀行)によるフラン売り介入が行われたのではないかと言われています!
また、欧州ではコロナ感染拡大を理由に米国からの渡航に制限をかける措置を再開しています。
今後の欧米経済に影響が出てくるのか注目です。

本日の注目経済指標

本日の指標

8月31日(火曜日)
15:45 EUR フランスHICP(消費者物価指数)(速報値)・GDP(改定値)
16:55 EUR ドイツ失業率
18:00 EUR ホルツマン・オーストリア中銀総裁、クノット・オランダ中銀総裁発言
18:00 EUR イタリアHICP(消費者物価指数)(速報値)
18:00 EUR ユーロ圏HICP(消費者物価指数)(速報値)
21:30 CAD カナダ四半期GDP
23:00 USD 米消費者信頼感指数

9月1日(水曜日)
10:30 AUD 豪四半期GDP
10:45 CNY 財新製造業PMI

本日の相場見通し

まずは、長期、中期、短期の方向性を再確認していきます。

項目 長期(1カ月〜3ヶ月) 中期(1週間〜1ヶ月) 短期(~1週間)
相場全体 リスクオン リスクオフ リスクオン
ドル円 上昇 レンジ 上昇
ユーロドル 下落 下落 下落
ポンド円 上昇 レンジ 上昇
ゴールド レンジ 上昇 上昇
ダウ 上昇トレンド 上昇 上昇

それでは、本日のポイントについてみていきましょう!

本日のファンダメンタルズ注目点

本日のファンダメンタルズの注目ポイントを総まとめしてきます!

(1)経済指標

ポイント!

金融政策に直接影響は少ないが、判断材料になる指標発表!
中国経済はコモディティなどに影響!

  • 欧州は物価指標に注目
  • 豪州とカナダで四半期GDP発表
  • 中国の景気見通しは!?

詳しい解説はこちら!

 

(2)リスク要因

ポイント!

アフガン戦争終結後のアフガニスタンは!?
コロナ感染拡大による影響は!?

  • 虐殺や過激な行動が出てくると再度リスクオフ
  • 感染拡大で規制強化が進めばリスクオフ

それではここからは、上記の注目ポイントを詳しく解説していきます!

1)経済指標

ポイント!

金融政策に直接影響は少ないが、判断材料になる指標発表!
中国経済はコモディティなどに影響!

  • 欧州は物価指標に注目
  • 豪州とカナダで四半期GDP発表
  • 中国の景気見通しは!?
消費者物価指数
欧州ではHICP(消費者物価指数)に注目しています!
本日はイタリア・フランス・ユーロ圏でHICP(消費者物価指数)が発表予定。

注目したいポイントはECBが目標としている物価目標2%をどれくらい上回ってくるのか!?
昨日発表されたスペインは3.3%、ドイツは3.4%と物価目標の2%を大幅に上回る結果が出てきている。
本日発表のHICP(消費者物価指数)が2%を大きく上回る結果が出てくるようであれば、ECB理事会の中でタカ派が増えて量的緩和の終了や、コロナ対応のPEPP(パンデミック緊急購入プログラム)の終了が議論されるようになる可能性が出てきそう。(ユーロ買い要因
カナダ四半期GDP
カナダはすでに引き締めを始めており、次は利上げだが、まだ利上げ観測ほどではないです
このことからカナダドルの上値が重くなってきているので、本日発表のGDPの結果が良いにもかかわらずカナダドルが伸びなかった場合はカナダドル売り試したいと思っています!
豪州四半期GDP
豪州はロックダウン状況下で経済がどのような状況だったかに注目。
ロックダウンをしている状況で経済が底堅く推移していれば、ロックダウンが開場されれば一気に経済回復期待に繋がる。
豪州はZeroコロナからWithコロナに路線変更したので景気回復期待が高まっており、GDPが良い結果であれば追い風となるので注目している。
財新製造業PMI
中国の製造業の景気見通しを発表してくれる。
本日発表された中国製造業・非製造業PMIは予想を大きく下回り、中国経済のピークアウトが懸念されています。
明日発表の財新製造業PMIも予想を下回るようであれば、さらに景気後退が懸念されるようになると思われます。
中国経済に後退は世界的に影響し、特にオセアニアや欧州経済、資源価格の下落など影響すると思われます。

2)リスク要因

ポイント!

アフガン戦争終結後のアフガニスタンは!?
コロナ感染拡大による影響は!?

  • 虐殺や過激な行動が出てくると再度リスクオフ
  • 感染拡大で規制強化が進めばリスクオフ
    20年続いたアフガン戦争は終結したのですが、未だに非難を待っている欧米諸国の人たちやアフガニスタン人がいます!
    国連は安全に避難できるようにタリバン政権へ求めていますが、タリバンが安全に避難させてくれるか心配です・・
    過激な行動に出てくるようであれば、再度リスクオフが進む可能性があります。
    また、米軍が残した兵器などもあり、昨日ミサイル発射していることから、今後も兵器を使用した過激な行動に出てくる可能性もあり、リスクオフが懸念されます。
    長期のリスクオフに関しては米国の影響力低下などが考えられますが、それについては以下をお読みいただければと思います。
    コロナ感染も拡大し、規制強化に繋がりなど経済に影響が出てきそうです。
    昨日欧州では米国からの渡航が規制されました。
    米国の一部の州でも飲食店に規制を設ける話が出てきています。
    コロナ感染拡大だけでなく、規制の話が出てくると株価下落などに繋がり、景気後退懸念からリスクオフが進むので要注目です。

    本日の通貨毎の分析

    本日も各通貨ペア毎に見ていきます!

    ドル円

    基本は買い目線2日〜1週間程度の目線

    リスクオフがポイント。

    リスクオフが進めば円高になる可能性がありますが、アフガニスタン問題でリスクオフが進んだ場合は長続きしないと考えています。
    アフガニスタン問題で円高が進んだ場合はドル円ロングを仕込みたいと思います。

    コロナ感染拡大で規制強化の場合はリスクオフがどのくらい進むのか見極めてから、ロングポジションを仕込みたいと思います。

    ユーロドル

    基本は売り目線。2日〜1週間程度の目線

    中国経済の悪化は、経済のつながりの深い欧州にも影響すると考えて、ユーロ売りを考えています。
    また、ドイツ選挙を控えていることなどから政治的混乱もユーロ売り要因です。

    ただ、昨日発表のHICP(消費者物価指数)や本日発表のHICP(消費者物価指数)が強い結果が続いたときに、ECBの引締め期待に繋がり始めるとユーロ買いに転じる場合があるので、指標発表後の動きや要人発言には注意しておきたいと思います。

    ポンド円

    ポンドは様子見(売り目線)。(2日〜1週間程度の目線)

    ポンドは方向性を決める材料不足で、方向感なく動いています。
    リスクオフが進めば円買いでポンド円下落、リスクオンになれば円売りでポンド円上昇といった流れになると思われ、リスク要因次第です。

    ゴールド

    ゴールドは買い目線。(2日〜1週間程度の目線)

    リスクオフと米金利がポイント。
    アフガニスタン問題やコロナ感染拡大による規制強化でリスクオフが継続するようであればゴールドは底堅く推移すると考えています。

    また、米金利が低下するとゴールドの下支えとなります。
    本日、米金利が上昇するような要因が少ないので、要人発言にだけ注意しておけば金利は低下傾向にあると考えています。

    今Hotな通貨!!

    オセアニア通貨に注目。
    中国の景況感が悪化していることからオセアニアの上値を抑える可能性があります。
    それでも上昇するようであれば、オセアニア通貨の底堅さを確認できると考えています。
    また、今まで大きく売られてきた豪ドルは上昇トレンドへの転換点だと考えていることから、豪ドルの動きには注目しておきたいと思います。

    ポンドマンの本日のエントリー

    記事投稿時点でのポンドマンの基本的なエントリーポイントです。

    発生したファンダメンタルズや値動きの付け方によっては随時変更する可能性がありますが、変更や追加に関してはDiscordで随時共有して行こうと思います!

    通貨 買いOr売り 価格 利確/損切り
    ドル円 検討中 109.1~109.4 110/108.9
    ユーロドル 売り 1.186 1.182より下/1.19
    ポンド円 なし なし なし
    ゴールド 検討中 未定 未定
    お願いします!

    最後に1つお願いしたい事があります・・・。

    毎日相場の分析記事を書いています!1記事書くのに大体2〜4時間かかります。。
    結構頑張って書いている記事で内容には絶大なる自信があります。

    なので、見た方は【いいね】と【リツイート】をしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです!
    今のところ反応がよかったら毎日続けて行こうかなと思っています!
    どうかよろしくお願い致します🙇‍♀️

    種銭ない方必見!ノーリスクで大きく稼ぐ戦略

    FXBeyond口座開設ボーナス

    現在FXBeyondでは新規で口座開設をするだけで2万円の証拠金を得ることができます!
    この証拠金をうまく使うことでノーリスクで50万円くらいは稼ぐことが出来ると思っています。

    口座開設ボーナスの詳細について見ていきましょう!

    項目 内容
    キャンペーン内容 新規口座開設で2万円クレジットボーナス
    対象口座 スタンダード口座
    出金条件 ①5Lot以上のトレード②5001円以上の入金
    ①または②の条件達成が必要
    注意点

    ・追加口座に資金移動するとボーナスは消失
    ・出金申請をするとボーナスは消失

    2万円の口座開設ボーナスはうまく利用すれば大きな利益をノーリスクで得ることができるので、FXBeyondを使ったことがない方は利用してみることをおすすめします!

    またTweetの様に無料の2万円から資金を増やしていく戦略を考えたので、気になる方はDMください!

    最大100万円までの100%入金ボーナス発生中!!

    現在とある取引所で100万円までの100%入金ボーナスが発生しています。
    また当サイト経由なら2回目以降も50万円まで、トータル150万円まで100%ボーナスがつくんです!
    また、当サイトでは2万円をプレゼントするキャンペーンを実施しているので超超お得になっております。

    ポンドマン
    キャンペーンを利用すれば、3.5万円で11万円の証拠金が作れるよ!
    タネ銭が小さい人、少額から大きく狙いたい人は100%入金ボーナスを絶対利用することをお勧めします。
    免責事項

    ・投資・投機はいかなる場合においても「自己責任」です。投資判断の最終的な決定は皆さま自身の「自己責任」の元行うものとし、投資資産のいかなる損失等が発生しても当サイト並びに運営者は責任を負うことはできません。

    おすすめの記事