【2021年9月最新】FXGTのおススメの入金方法を徹底解説!!

FXGTの入金方法は何種類あるのか?各種入金方法の注意点とおススメの入金方法を徹底解説します!

ewalletを用いた独自の出金システムは仮想通貨での出金も可能で便利な一方、慣れていないとややこしいのも事実です。今回はその入金方法を、各方法のメリット・デメリットや入金時の注意点も踏まえながらわかりやすく解説していきます!!

  口座開設で5000円分の証拠金プレゼント!/

FXGTの入金方法は以下の5種類です!

入金方法は5種類!
・銀行送金
・クレジットカード
・bitwallet
・仮想通貨
・STICPAY

ここでは特に日本人ユーザーによく利用されている銀行送金、クレジットカード、bitwallet、仮想通貨の4種類について、詳しく解説していこうと思います。

入金方法 通貨 手数料 反映時間 最低入金額
国内銀行送金(電子決済) JPY,USD,EUR 振込手数料のみ 15分~1時間ほど(営業時間内) 10,000JPY
クレジットカード(JCB MasterCard) JPY,USD,EUR 無料 即時 1000JPY
bitwallet JPY,USD,EUR 無料

即時

500JPY
仮想通貨 BTC,ETH,XRP,USDT 無料 入金が確認され次第即時

0.0001BTC,0.05ETH,25XRP,5USDT

 

入金に関する注意点
・クレジット決済現在はJCB、MasterCardの2種類 ※現在VISAカードは停止中 ただしbitwallet経由なら入金可能
・bitwalletは20歳以上でないと登録ができない

まず、日本円で入金した方におすすめなのが国内銀行送金(電子決済)、クレジットカード、bitwalletです。
この3種類は反映時間もはやく手数料も無料です。

とにかく早く入金したい方は、クレジットカード決済、bitwallet入金、次いで国内送金(電子決済)がいいと思います。為替や仮想通貨相場の急変動にもすぐ対応でき、即時反映可能なのでbitwalletは作成しておきましょう。

なぜ国内送金が二種類あるの? 違いは?
FXGTには国内送金が2種類あります。
銀行振込銀行送金(電子決済)です。
この2つの違いは、MT5口座反映時間の差と最大振込額の差です!
両方とも国内銀行振り込みで変わりがないのですが前者は入金反映までに1時間~3日、後者は反映までに15分~3時間とだいぶ大きな差がありました!
また、銀行送金(電子決済)は最大振込金額が50万円、銀行振り込みは無制限です!
50万円以内の入金で素早く入金したい場合は銀行送金(電子決済)、50万円以上の入金を遅くてもいいからしたいという方は銀行振込を使うといいのではないでしょうか!
(電子決済を何回かすれば早くて同じ額入金できます)

銀行送金(電子決済)での入金方法

銀行送金(電子決済)での入金手順を解説していきます。

ステップ1

マイページ右上にある緑色の入金というボタンをクリックします。

ステップ2

下記の画面に飛ぶので、銀行送金(電子決済)を選択してください。

 

ステップ3

希望の通貨を選択し進めると、以下の入金金額入力画面に移行するので、入金額を記載し次に進みます。

ステップ4

 次に、名前と入金したいMT5口座番号記載欄があるので以下の画像のように記載し『Proceed』を押す。

 

ステップ5

記載されている銀行口座に入金額の振り込みを行ってください。
ここで重要なことは振込名義人欄に『振込ID+カタカナ指名』忘れずに記載することです。
振込IDは必ず忘れないようにいたしましょう!

以上が、銀行送金(電子決済)の入金手順です!

銀行送金のメリット・デメリット

銀行送金のメリットとデメリットをまとめました。

銀行送金のメリット
・入金額に制限がない。
銀行送金のデメリット
・入金反映までに時間がかかる。
・銀行の営業時間外に入金手続きをすると翌日の取り扱いとなる。

bitwalletでの入金方法

bitwalletでの入金手順を解説していきます。

ステップ1

マイページ右上にある緑色の入金というボタンをクリックします。

ステップ2

下記の画面に飛ぶので、bitwalletでの入金を選択してください。

ステップ3

bitwalletアカウントのメールアドレスと、入金額を入力してください!

 

ステップ4

bitwalletのログインページに飛ぶので、そこでログインをし送金ボタンをクリックすれば送金完了です

bitwalletのメリットデメリット

bitwalletを利用する際のメリットとデメリットは以下の通りです。

bitwalletのメリット
・VISA、MaseterCard、JCB以外のカード会社からの入金が可能
・反映時間が早い
・とても少額から入金が可能
bitwalletのデメリット
・事前のアカウント制作が必要
・20歳以上でないと利用できない
・bitwalletアカウントのメールアドレスは、FXGTアカウントのメールアドレスと一致させる必要がある

デメリットのところでも触れましたが、bitwallet自体が20歳以上でないと利用できないため、大学生の方などは注意が必要です。

クレジット決済での入金

クレジットカード決済での入金手順を解説していきます。

ステップ1

マイページ右上にある緑色の入金というボタンをクリックします。

ステップ2

入金方法の選択画面で、利用するクレジットカードを選択してください。

ステップ3

希望の通貨を選択し進めると、以下の入金金額入力画面に移行するので、入金額を記載し次に進みます。

 

ステップ4

 クレジットカードの情報を入力し、送金ボタンをクリックすれば完了となります。

クレジット決済のメリットデメリット

クレジット決済によるメリットとデメリットは以下の通りです!

クレジット決済のメリット
・反映時間が早い
・少額(1000円)から入金が可能
・手続きが簡単
クレジット決済のデメリット
・入金分しか出金ができない(それ以上は銀行送金など別の方法での出金となる)
現在,Masters JCBしか使えない(VISAは不可)
※本人名義のクレジットカードしか使えないので注意しましょう。

仮想通貨(BTC ETH USDT XRP)での入金方法

仮想通貨での入金手順を解説していきます。

ステップ1

マイページ右上にある緑色の入金というボタンをクリックします。

ステップ2

下記の画面に飛ぶので、仮想通貨入金を選択してください。

ステップ3

入金したい仮想通貨を選択してください。

下記では仮にここでビットコインを選択した場合の画面となります(ほかの通貨でも手順は同じです)

ステップ4

アドレスが表示されるので、そのアドレスにご自身の仮想通貨ウォレットから資金を入金してください。

以上が仮想通貨入金の手順となります。

仮想通貨入金のメリットデメリット

では、仮想通貨で入金する際のメリットとデメリットをご紹介します!

仮想通貨入金のメリット
・反映時間が早い
・様々な仮想通貨での入金に対応している
仮想通貨入金のデメリット
・仮想通貨は取引所等で事前の購入が必要
アドレスは間違えないようにコピペを使う等対策をとってください。一度誤送付してしまうと資金は取り戻せません。

入金ができない・反映されないときは

FXGTに入金ができなかったり、口座に資金が反映されない場合には、以下のような可能性があります!一度下記のような状態ではないか確認しましょう!

入金がうまくできないときのチェックリスト
銀行送金で、反映までに時間が掛かっている
→2~5日程度(週末を含めると1週間程度)かかる場合があります。それ以上経っても口座に反映されない場合は、サポートデスクに問い合わせてみましょう。
クレジットカードで、入金の上限金額、上限回数を超えている
→上限を超えていると当然入金はできません。入金できるようになるまで待ちましょう。
クレジットカードで、カードの認証ができていない
→クレジットカードは、カードの表面と裏面の画像認証が必要です。必ず認証を済ませましょう。
bitwalletアカウントのメールアドレスが、FXGTのメールアドレスと違っている
→同一のものでないと、アカウントが凍結される場合があります。

入金がうまくできないとき、まずは上記のような状態に陥ってないかを確認しましょう。それでもだめならFXGTのサポートデスクに問い合わせてみましょう!

まとめ

今回は、FXGTの入金方法について解説してきました!

FXGTはewalletと呼ばれる独自のオンラインウォレットを使用していますが、慣れれば仮想通貨での入金等も簡単にできたりととても使いやすい取引所です!

FXGTでは口座開設ボーナスや入金ボーナスなどの豪華なキャンペーンを実施しております。
入金する際は是非、現在開催しているキャンペーンについて一度確認してから入金しましょう!

おすすめの記事